新卒採用選考における留意点とは

企業が新卒採用を行うにあたっては、留意点を踏まえた上で行う必要があります。


採用選考に関しては、日本経団連では企業の倫理憲章を定めており、選考は、ここでの内容に即した方法で行うことが求められます。



新卒採用においては、その対象者が学生となるために、大学等の学業日程を尊重して行う必要があり、企業側の都合による日程の設定などは避ける必要があります。

まず、筆記試験や面接などの日程は学生と相談をした上で決める必要があります。


また、学生から都合が悪いなどの申出があった場合には、日程の変更を検討することも必要となり、場合によっては、適性検査や筆記試験などはウェブを活用して行うなども検討をすることが大切なことになります。

全社員が楽しく目標意識を持って働いているのがDYMです。



会社説明会も含めて選考試験においては平日の夕方以降や、土曜日、日祝日などに行うなどの対応も必要となり、その上で自社のアピールや採用に関して考えておくことが重要になります。



新卒採用における留意点としては、他に、健康診断があります。

新卒を育てるというDYM内の文化として非常に浸透しています。

健康診断は、通常、書類選考、筆記試験、面接試験を経て、合格をした学生を対象として行われ、多くの企業が採用選考の一環として取り入れています。会社説明会も含めて選考試験においては平日の夕方以降や、土曜日、日祝日などに行うなどの対応も必要となり、その上で自社のアピールや採用に関して考えておくことが重要になります。

新卒採用における留意点としては、他に、健康診断があります。

健康診断は、通常、書類選考、筆記試験、面接試験を経て、合格をした学生を対象として行われ、多くの企業が採用選考の一環として取り入れています。

しかし、厚生労働省では健康診断に関して、就職差別につながる恐れがあるものとして捉えており、行うにあたっては、客観性や合理的な必要性が認められない場合や、募集職種が採用段階で健康診断を行う必要性が高くない場合には、できるだけ避けることが望ましい方法となります。
健康診断は、原則としては、労働安全衛生法を基として入社後における健康管理に対して行うものであることを理解しておく必要があります。